Paradise and Lunch

(What's So Funny 'Bout) Peace,Love and Understanding
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
NO NUKES 2012


開催が発表されてからずっと気にはなっていた「NO NUKES 2012」。会場のロケーションもあって、何となく様子見をしていたら、何と初日にクラフトワークが急遽参加するという報で一気に背中を押されてしまった次第。やはり教授の顔の広さかなのか、フェスの趣旨に賛同して出演したアーティストは実にヴァラエティに富んでいる。

ASIAN KUNG-FU GENERATION
アナログフィッシュ
ソウル・フラワー・ユニオン
元ちとせ
HIFANA
難波章浩
the HIATUS
YMO + 小山田圭吾 + 高田漣 + 権藤知彦
KRAFTWERK
今回、初めて観るアーティストも多く、気合十分なパフォーマンスを魅せてくれ、フェスらしい楽しみ方ができたが、やはり、どのアーティストもMCで「脱原発」のメッセージを真摯に語っていたのが印象深かった。しかも付け焼刃ではなく、しっかりとファンの心に響く言葉だ。まあ、面子を見ればこれまでも、きちんと自分の立ち居地を表明していたから当然と言えば当然ではあるが。



会場の幕張メッセは、ライヴを観に訪れるのは初めてだが、会場の半分が椅子とテーブルが設置されると言う妙なレイアウトだった。さすがに巨大な多目的会場なだけあって音響は褒められたものではないが、そこは最新のPA技術でしっかりと聴かせてくれたのは良かったと思う。

■ソウル・フラワー・ユニオン
思えば、こんなに大きな会場で魂花組合を観るのは初めてだ。しかもスクリーンにはメンバーの顔が大写しになる。しかし、彼らのパフォーマンスは会場の大きさに関係なく見事に観客を掴んでいたのは流石の感があった。セットリストはいつもながらのベスト選曲だが「戦火のかなた」が選ばれたのはやや珍しいか。

01. うたは自由をめざす!
02. 極東戦線異状なし!?
03. 平和に生きる権利
04. 戦火のかなた 〜BEYOND THE FLAMES〜
05. 満月の夕
06. 荒れ地にて
07. 風の市
08. 海行かば 山行かば 踊るかばね



■YMO + 小山田圭吾 + 高田漣 + 権藤知彦
この日のYMOの演奏は完璧だった。完全にフィジカルで見事なまでのファンクネスに貫かれた演奏だった。特に細野さんのベースのうねりは凄かった。オープニングは「Radioactivity」。細野流にアレンジされたクラフトワークのカヴァーを持ってきたことでしっかりとメッセージを伝え、BGVでは、さらに直接的に「NO NUKES」を訴えていた。

01. Radioactivity
02. Firecracker
03. SOLID STATE SURVIVOR
04. 中国女
05. 1000 Knives
06. Cosmic Surfin' > Absolute Ego Dance
07. 東風
08. Rydeen

■KRAFTWERK
そしてクラフトワークのオープニングも「Radioactivity」だった。しかも日本語で歌われるフクシマ。「日本でも 放射能」「空気 水 すべて」「福島 放射能」「いますぐ やめろ」。歓声が上がりはしたが、決して喝采の歓声ではない。微妙なニュアンスでそれが、原発に対する怒りを持った歓声であることは容易にわかった。

彼らのパフォーマンスはまさにヴィジュアル的にもサウンド的にも、あの「懐かしい未来世界」のイメージを懐かしいテクノで実践してくれ、さながら伝統芸のような趣でもあり、貴重なライヴ体験だった。それにしても、あの4台のテーブルは一体如何様になっているのだろうか。


これまで「NO NUKES」ライヴと言えば、1979年、スリー・マイル事故を受けてニュー・ヨークMSGで開かれた「NO NUKES」が有名だったが、これからは日本で初めて本格的に開かれた反核コンサートとして、この「NO NUKES 2012」がしっかりと歴史に刻まれることになるはずだ。

NO NUKES!


| paradise | 本日のLIVE III | comments(3) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |
お疲れさまでした。このイヴェント誘ってくれてありがとう。
体力的にはきつくなってきましたが、7時間(僕の場合)なんとか乗り切ることができました。出演者の演奏もさることながら、演奏前のBGVが良かったし効果的だったと思うね。
今後もこうした音楽イヴェントが増えていけばいい。
| garsonia | 2012/07/15 2:33 AM |

失礼。BGVじゃなく、Vそのものね。
| garson | 2012/07/15 6:52 PM |

「NO NUKES 2012」という、ストレート勝負のイヴェント名。そして、会場に大きく掲げられた「NO NUKES」の巨大な旗。イヴェントの趣旨をこれほどまでに直接訴えているにもかかわらず、とても自然に感じられたのは、やはり3.11以降、数多くの反原発パレードなどのアクションがしっかりと日本に根付いてきているんだろうね。もうこの動きは留まる事はないんじゃないかな。
YMO、本当カッコ良かったわ。NO NUKES!
| pal | 2012/07/15 9:59 PM |










http://paradise.jugem.cc/trackback/1024


     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

このページの先頭へ