Paradise and Lunch

(What's So Funny 'Bout) Peace,Love and Understanding
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
Likkle Mai & The K @ 葉山 Blue Moon


ここ2週間ばかり、ホントに暑い夏らしい日が続いている。この日は午後3時くらいに一時スコールが降ったが、地面を冷やすまでに至らず、蒸し暑い夏の夜となった。大好きな葉山の海は、遠い地の台風の影響か、やや波の音が大きく聞こえ、すっかり夏色になっていた。



Blue Moon に Likkle Mai が登場するというニュースは嬉しかった。ボクは昨年3.11以降、多くの脱原発デモのサウンド・カーで彼女を拝見しているが、彼女の真摯なパフォーマンスにとても惹きつけられている。それは、久し振りに聴くルーツ・レゲエの魅力は勿論だが、彼女のパーソナリティに魅せられているところが大きい。



ライヴが始まる前のサンセット・タイムは、ゆっくりと流れていく。聴こえてくるルーツ・レゲエのセレクトが心憎く、ビールの杯を重ねながら、至福の時間を過ごす。こんなに気持ちの良い場所は滅多にない。



ライヴは日没後、19時半丁度に始まった。今回のライヴはアクースティック・ギターの The K とのコラボだが、流石に永年の盟友だけあって、息の合ったギター・カッティングが素晴らしかった。そのグルーヴ感は、バンド帯同でベースとドラムの強烈なリディムに身を任せる時の感覚と同じだ。そして、時々タイミング良く聴こえてくる波の音は、ここだけで聴くことが出来る最高のSEである。

「I Seh No」に代表されるシビアなリリック、「Home,Sweet Home」のような優しいリリック、どのようなスタイリーでも彼女のしなやかな強さと優しさに溢れている。曲間の丁寧なMCも含め、そこにはルーツ・レゲエ・シンガーとしての彼女の誇りを感じる。ボクは改めてルーツ・レゲエの精神に心を奪われてしまった。日々バビロン・システムの中で生きているボクたちには「さよならバビロン」はホント、胸がキュンとするね。Jah Bless!

01. The Life Is Simple And Beautiful
02. My Woman
03. I Seh No
04. さよならバビロン
05. Someone Loves You Honey (J C Lodge)
06. Home,Sweet Home
07. Likkle Struggle
08. One Life to Live
09. Why Are You In A Hurry?

E1. A Small Boat Is Sailing
E2. Bright Shining Star (DRY & HEAVY)


| paradise | 本日のLIVE III | comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |
久々のブルームーンだったけどやっぱりいいね。地元でこんな気持ちのいいライヴが体験できるのはホントうれしい。
アクースティックスタイリーでも自身の持ち歌をしっかり伝えられるMaiちゃんはさすがだった。人柄も良くてチャーミングでしっかりした女性ですな(はあと)
| garson | 2012/08/12 10:44 AM |

ブルー・ムーンを経験したアーティストは絶対にここが気に入るだろうな。殆どのアーティストが何度も登場してるからね。素晴らしい場所だと思う。マイちゃんは以前も登場してたみたいだけれど、不覚にもチェックから漏れてました…。もうミスはしません。

ところで、大ブレイク前のCKBもここで観たことあった。さすがに今は登場は無理だろうけど、あれは貴重なライヴだったなぁ。
| PAL | 2012/08/13 10:11 PM |










http://paradise.jugem.cc/trackback/1035


      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

このページの先頭へ