Paradise and Lunch

(What's So Funny 'Bout) Peace,Love and Understanding
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
でも、CCCDに関する疑問が解けません
「著作権法の一部を改正する法律案」の成立に関する共同声明


HMVとTOWERの「共同声明」− これ自体は100%賛同支持します。
でも、EMIやVirginのCCCDに関する疑問が解けません。

現在、EMIやVirginの国内盤は東芝EMIからのリリースだから、当然の如くCCCD仕様。
これに関しては、もう「CCCDがそんなにお好きなら勝手にどうぞ」という気持ちだから、ハッキリ言ってどうでも良い。特に[Dark Horse Box/George Harrison]のリリースをめぐってのゴタゴタ以来、東芝EMIの事は全く信用していません。

だって基本的におかしいでしょ。
違法コピーをするつもりなど毛頭なく、ぼく自身が自分のお金で買う「オリジナル」の音盤にレコードメーカーの免責が付いているなんて。賢い消費者としてそんな不良商品は買いません。やはりこの基本的な違和感は忘れたくない。

そこで、正規CD盤を探しに輸入盤店に行くわけだが、最近EMIやVirginのEU盤もCCCD仕様になってきているのはご存知の通り。以前は輸入盤を購入する時、ある程度のマニアでなければEU盤なのかUS盤なのかはあまり気にはしていなかったはず。しかし、最近これらEMIやVirginのUS盤が店頭に入荷していない。以前からUS盤の入荷がなかったのかどうかは良く分からない。いずれにしても、現在は米国のアーティストも含めてほとんどがEU盤(CCCD仕様)になっていて、店頭でUS盤(正規CD仕様)を買うことは困難だ。

これは日本中にCCCDを蔓延させようと目論む東芝EMIから仕入れているからなのだろうが、これが気に食わない。本当に「選択肢を確保する」ならユーザーが「安全な正規CD盤」も選べるようにしなくちゃ。東芝EMIが輸入しないならお店独自で輸入して店頭に並べて下さい。勿論適切なプライスで。それでこそ、この「共同声明」が生きてくると思うのだが如何なものでしょう。
| paradise | 輸入盤CD規制問題 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |









http://paradise.jugem.cc/trackback/110


  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

このページの先頭へ