Paradise and Lunch

(What's So Funny 'Bout) Peace,Love and Understanding
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
To Tell The Truth / ミラクルトーンズ @ 鎌倉 Spiral


SPECIAL BAND 改め To Tell The Truth の3ヶ月に及ぶ東名阪ツアーの最終日が地元鎌倉Spiralで行われた。これは嬉しい。



まず、オープニング・アクトはミラクルトーンズである。ミラクルなメムバーが総勢6名ひしめき合っているので狭いお店は半分近くが演奏スペースになっている。お客さんは入り口近くでスタンディングで観るというなかなか厳しい状態だったが、幸いにもボクらはかぶり付きの席で聴くことが出来た。夕焼け+オレカンの流れを汲むイイ具合にルーズでラフな演奏が堪らなく良い。こんなテイストを持つバンドならではの定番カヴァー曲も痺れた。

藤田洋介 (gt,vo)
飯田雄一 (gt,vo)
鵜沢章 (b)
津田充 (ds)
寺西憲二 (gt,vo)
盛岡隆志 (pedal steel)

01. Armadillo Rumba
02. The Water Is Wide
03.
04. The Weight
05. Patricia
06. 星くず
07. Willin'
08. Truck Driving Man
09. バイ・バイ・ベイビー
10. Forever Young




五郎さんのライヴは鎌倉でも何度か拝見しているが、今回は SPECIAL BAND 改め To Tell The Truth 改名後、初のライヴである。二日前にお誕生日を迎えて65歳になった五郎さん。「ミスター・ボージャングルズ」を歌い続けて45年、おじいさんの歌を歌い続けていたら自分がおじいさんになってしまったと語る五郎さんは相変わらず元気に踊っていた。「平和愛理解」はここ最近レパートリーに加わったボクの大好きなニック・ロウの曲だが、今回はベース・ラインやギターのリフがいつも以上に骨太でオリジナルに近い感覚で無茶苦茶カッコ良かった。

五郎さんのMCはいつもメッセージがさりげなく語られるが、今の為政者に向けた強烈なメッセージを内包する「Licence To Kill」は、今こそ歌われなくてはいけない歌だろう。更には強烈なレゲエ・リディムにダブ効果を加えたイントロから始まる「腰まで泥まみれ」も相当の気迫を感じて心が震えた。この日はサウンドは勿論のこと、歌の力をいつも以上に感じることができた。We Shall Overcome である。

中川五郎 (gt,vo)
中野督夫 (gt,vo)
永原元 (ds,vo)
寺岡信芳 (b,vo)

01. 旅の途中
02. For A Life
03. ミスター・ボージャングルズ
04. (What's So Funny 'Bout) Peace, Love, and Understanding
05. License To Kill
06. 腰まで泥まみれ
07. 言い訳なんて
08. 90 cm

EN. We Shall Overcome
| paradise | 本日のLIVE IV | comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |
お疲れ様でさた。なかなか充実したライヴでした。
そうそう、このフライヤー。僕もこれを掲載しようと思ったらダウンロードできなくてね。督さん念願のバンド名も決まったし、イラストといい力が入ってるよね。
9月には、ラムで弾き語りもあるようだし、弦二くんとともに定番になったらいいね。

| garson | 2014/08/03 2:01 PM |

そう、なかなか可愛らしいイラストだからアーカイヴしておこうかと。メムバーの特徴が良く捉えているね。
五郎さんのRAMはホント楽しみだわ。そう言えば、この日RAMのマスターが観にきてたよね。
| pal | 2014/08/03 6:43 PM |










http://paradise.jugem.cc/trackback/1209


1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

このページの先頭へ