Paradise and Lunch

(What's So Funny 'Bout) Peace,Love and Understanding
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
マディーウォーターズ生誕100年祝賀ライブ @ 下北沢GARDEN


過日、GARDEN のフライヤーで知った今回のイヴェントだが、「マディ生誕100周年祝賀」という魅力的な企画に加え、サンハウスの登場ということで、チケットは早々ソールド・アウトになっていた。しかし、「BLUES&SOUL RECORDS」誌上の鮎川さんとホトケさんのマディに対する愛情溢れる対談を読み、これはどうしても観たくなり、とにかく現地に向かい何とか当日券を入手した次第。マディの曲から取ったという「THE BLUES BABY ROCK AND ROLL」のサブタイトルのセンスが秀逸だ。



■シーナ & ロケッツ

お約束のロケット発射のカウント・ダウンからオープニングの「バットマン」のギター・リフ。ロック・バンドとして最小限のユニットが生み出す無駄を削ぎ落としたサウンドに身震いする。ロックンロールの美学を体現した佇まいはとにかくカッコ良い。大先輩のマディに対して素直に愛情を表わす鮎川さんのMCがとても暖かく人柄が滲み出ていて微笑ましい。時折シーナに言及し、彼女がリード・ヴォーカルの曲を鮎川さんが歌うと、やはり目頭が熱くなってくる。そして代名詞でもある「ユー・メイ・ドリーム」では会場のファン全員が最初から大合唱するのを聴いていると、本当に彼らは愛されているのだなと改めて思った。

01. バットマンのテーマ
02. ビールスカプセル
03. ホラ吹きイナズマ
04. Baby Please Don't Go
05. I Can't Be Satisfied
06. The Blues Had A Baby They Named It Rock and Roll
07. なまずの唄
08. ロケットライド
09. ライド・ザ・ライトニン
10. ピンナップ・ベイビー・ブルース
11. ユー・メイ・ドリーム
12. アイラブユー



■永井"ホトケ"隆 + シーナ & ロケッツ + 中山 努

マディの曲を最も多く歌っている日本のブルーズ・マンはホトケさんだろう。個人的には最近 blues.the-butcher-590213 で聴く機会が多いが、今回はもちろん、ほぼ全曲マディの作品がセレクトされた。ホトケさんのマディ・ウォーターズ・モデルのテレキャスターと鮎川さんの黒いレスポールがツイン・ギターとして、それぞれ味わい深い典型的な音のバトルが聴きどころだった。鮎川さんの荒々しいスライドも耳に残り、いつもよりもゴツゴツとした荒削りのブルーズだ。ホトケさんのMCも曲の理解を深めてくれた。

01. Walkin' Blues
02. I'm Ready
03. I Want To Be Loved
04. Trouble No More
05. Hoochie Coochie Man
06. Blow Wind Blow
07. Long Distance Call
08. Forty Days And Forty Nights
09. Mannish Boy
10. I Feel So Good
11. Rollin' And Tumblin'



■サンハウス

サンハウスのライヴは初体験だ。実はデビュー当時、菊の派手なルックスから何となく敬遠していた記憶があるのだが、今回改めて聴くと菊のヴォーカルは歯切れが良く往年の和製ブルース・ロックの味わいがあった。独自解釈によるマディの意訳リリックによって彼らならではの世界が展開され、十八番の「レモンティ」は40年以上の年輪を感じさせる圧倒的な迫力だった。

01. キングスネーク・ブルース
02. 爆弾
03. I'm Ready
04. Muddy Waters Twist
05. She's Alright
06. You Shook Me
07. I Just Want To Make Love To You
08. Tiger In Your Tank
09. スーツケース・ブルース
10. すけこまし
11. ミルク飲み人形
12. 地獄へドライブ
13. レモンティー



そしてラストは全員がステージに上がり、マディの曲でも最も盛り上がる曲で大団円となった。日本のブルーズ・シーンの黎明期から40年以上ブルーズに殉じてきた錚々たる顔ぶれが生み出す極上のグルーヴ。超満員のファンもコーラスで声を枯らしてマディ生誕100周年を祝った。

E1. Rollin' Stone
E2. Got My Mojo Workin'




| paradise | 本日のLIVE V | comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |
9月に入って公私共に忙しくなってしまい、ライヴもデモもコメントもままならなくなってしまいました。

タイミングは逸してますが、コメントいたします。

ブルーズを愛しリスペクトしてやまないこのベテランロッカー達の熱い思いが伝わってくるこのエントリーとフォトを何度も読み、見返してます。

しかしこのライヴの見逃しは痛い。
| garson | 2015/09/28 12:36 AM |

この日は17:00に整理券を貰ってから焼き鳥屋で腹ごしらえをして18:45に無事チケットを入手しました。鮎川さんのファンは流石に年季が入っていて、基本的にファッションはモノトーンでまとめている感じ。
やっぱり下北沢で体験するシナロケは一味違いました。
| pal | 2015/09/29 11:31 PM |










http://paradise.jugem.cc/trackback/1287


      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

このページの先頭へ