Paradise and Lunch

(What's So Funny 'Bout) Peace,Love and Understanding
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
Wada Manbo High Life Special X Reggaelation Independance @ 元住吉 Powers 2


シルバー・ウィーク最終日、パワーズ2 で、なかなか魅力的なツーマン・ライヴがあった。ここはゆったりとしたスペースで音楽を聴くことができるのでお気に入りのライヴ・ハウスだが、この日もほど良い人の入りでリラックスして楽しむことができた。開演まではDJのセレクトするご機嫌なアフリカン・ミュージックがプレイされていた。ノイズ混じりのアナログ盤の音がとにかく極太で気持ちが良い。正直、アフリカ音楽に精通しているわけではないが、様々なタイプの音盤に接することができて大きな刺激となった。



前半は Wada Manbo High Life Special。 カセット・コンロスのワダマコトの数あるプロジェクトのひとつのようだが、ライヴはまだ数回行ったのみだと言う。バンド名からするとハイ・ライフを専門で演奏すると思われるが、多様なアフリカ音楽のエッセンスを上手く料理してグルーヴ感のある纏まりのあるサウンドを聴かせてくれた。クラリネットとサックスのホーンの音色などバンド・メムバーの手腕は流石の感がある。



後半は Reggaelation Independance。オープニングの「Outa Space」のスペーシーで深遠なダブ・サウンドにアフロ・ファンクが絡まると身体がじわじわと熱くなってくる。先日9月4日に逝去したリーコウ・ロドリーゲズに捧げるように本編で「Man From Wareika」が、アンコールで 「Africa」が披露されたが、やはりレゲエ/ダブのグルーヴ感は一筋縄ではいかない深みを感じることができた。

彼らを初めて体験したのは2013年の朝霧だったが、大所帯の圧倒的なサウンドが今でも記憶に残っている。同じホーンでも前者と比較してこちらはトロンボーンを中心にトランペットとサックスなので、音の厚みにワイルドな印象をもたらす。客席最前列にランキンさんの姿を見かけたが、件の「Africa」ではステージに上がりトースティングのサプライズもあった。メムバーの大御所に対するリスペクトの眼差しが微笑ましい。





| paradise | 本日のLIVE V | comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |
下北沢に続き、悔し涙にくれるライヴ(泣)

特にReggaelationは、朝霧以来また聴きたいなあと思っていたバンドなのでなおさらです。
Ricoトリビュート、ランキンさんの登場は泣かせますね。

それにしてもPOWERS。いいブッキングする。
| garson | 2015/09/28 1:07 AM |

前日にたまたまベーシスト河内さんのツイートで知ったこの日のライヴ。河内さんは両バンドの屋台骨を支える大活躍でした。とにかくうねるリディムに痺れました。
それにしても、どちらのバンド名もセンスがいいね。
| pal | 2015/09/29 11:42 PM |










http://paradise.jugem.cc/trackback/1294


    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

このページの先頭へ