Paradise and Lunch

(What's So Funny 'Bout) Peace,Love and Understanding
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
東京ローカル・ホンク with 春日博文 @ 中央林間 パラダイス本舗
春日"Hachi"博文さんを迎えたホンク3Days(高円寺/中央林間/横須賀)の中日に行ってきた。日頃、弦二くんのMCでは春日さんとの親交について語っていたが、こうして本格的に共演することは初めてだと思う。



ここパラダイス本舗にお邪魔するのは2回目だが、質素な作りのお店で何となく居心地が良い。前半はホンクが単独でいつも通りの安定した演奏を聴かせてくれたが、このお店ならではのコアなホンク・ヘッヅが集まり、「ローカルー!」「ローカル!サイコー!」の掛け声に弦二くんも「そんなのここだけだよ」と笑みがこぼれる。確かに「お手紙」の大合唱は他では聴くことのできないホーム・タウンのような雰囲気に包まれていた。



後半は冒頭から春日さんが参加し、シャッフルで軽く暖気したあと「りんご追分」をブルージーに決めてくれた。見せ場を作るプレイ・スタイルはさすがにロック・ギタリストらしいが、思いのほか多弁でこちらが勝手に抱いていたイメージと大分違う。リー・ドーシーやアルバート・キング、更には憂歌団のカヴァーなどセレクトも渋く、ボ・ディドリー・リディムの「You Gatta Move」には流石の手馴れ感があった。



アンコールは「世の中金だろ」なるコーラス曲に続いて、春日さんの十八番でもある"日本の有名なロックンロール"「上を向いて歩こう」を軽いレゲエ・アレンジで披露。そして、このお店ならではのスペシャル・セッションとしてお店のマスター藤田洋介さんを迎えて、お約束の夕焼け楽団を聴くことができた。思えば、当時夕焼け楽団とOZの共演など考えられなかったと思うが、名曲「星くず」がアットホームなお店に気持ちよく響いていた。

(1st set)
01. サンダル鳴らしの名人
02. 虫電車
03. 四月病
04. お手紙
05. 昼休み
06. 夏みかん
07. 夜明け前
08. 身も蓋もない
09. おいでおいで

(2nd set)
00. E Blues
01. りんご追分
02. Get Out Of My Life Woman
03. 白馬ブルース
04. 悪い星の下に (Born Under A Bad Sign)
05. Blues (メンバー紹介)
06. 泣きたい気持ち (I Can't Keep From Cryin' Sometimes)
07. You Gatta Move
08. たまらない夜
09. おそうじオバチャン
10. E Blues

E1. 世の中金だろ
E2. 上を向いて歩こう
E3. 星くず
E4. バイバイ・ベイビー

E5. いつも笑顔 (Nobody Knows When You're Down And Out)
| paradise | 本日のLIVE V | comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |
この面子をここで見れるというのも貴重な一夜でしたね。
ホンクセットと分かれていてホールとは違う構成でやったんだね。

春日さんよくしゃべったんだ。ホールでは、韓国暮らしで日本語忘れてきてとか言って、ふにゃふにゃした雰囲気で語ってたね(笑)。

洋介さんも元気そうで何よりです
| garson | 2015/10/20 6:40 AM |

今回は横須賀が決まってから、折角ならということで、3Daysが決まったのではないかなと勝手に想像しているんだけれど如何でしょう。まあいずれにしても、ここはホントにお客さんが独特でアットホームな感じが何とも言えない。何度も何度も聴いている「昼休み」では、またしても涙腺が緩みっぱなしでした。ホント、良いバンドです。
| peace | 2015/10/20 9:33 PM |










http://paradise.jugem.cc/trackback/1297


 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

このページの先頭へ