Paradise and Lunch

(What's So Funny 'Bout) Peace,Love and Understanding
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
吾妻光良 & The Swinging Boppers @ 横浜元町クリフサイド


クリフサイドは横浜元町の商店街の外れ、外人墓地側にある1946年開業のダンスホールである。今でも現役で営業している歴史的建造物のダンスホールを一度は訪ねてみたかったのだが、今回バッパーズのライヴと言う、またとない機会を得ることが出来た。

外観は勿論、内装は今では見ないような意匠が随所に施され70年近い歴史の重みが伝わってくる。やはり作り物ではないホンモノにしか醸しだすことができない雰囲気がそこにはあった。

ダンスホールにあるステージはおそらく観賞するというよりは、ダンスのための楽団が演奏するのだろうか、あまり段差がない作りになっている。今回はステージ前がダンス・エリアのように広くスペースが取られていたが、シャイなバッパーズ・ファンにはややハードルが高かったか。



さて、ライヴはいつも通り2部構成で進行した。定番曲はもちろんのこと、横浜ならではの「中華Baby」や「嫁>誰マン」のメドレーが聴きものだった。しかし、何と言っても白眉はアンコールで披露された「物件に出物なし」だろう。久し振りにセット・リストに上げられた今回は2015年ヴァージョン「物件に手抜きあり」として、早速、旭○成建材が読み込まれ"過去の工事にクイは残る"のリリックに大喝采となった。



(1st set)
01. Things Ain't What They Used to Be > T-Town Blues
02. Good Morning Judge
03. 中華Baby
04. Photo爺い
05. 嫁の里帰り > 誰がマンボに"ウッ!!"をつけた
06. やっぱ見た目だろ
07. Gumbo de Twitter

(2nd set)
01. やっぱり肉を食おう
02. あの娘のうちは千葉よりむこう
03. 俺達相性いいぜ
04. しかしまあ何だなあ
05. I am Wine
06. 150〜300
07. On The Sunny Side Of The Street
08. 誕生日には俺を呼べ

E1. 物件に出物なし2015 (物件に手抜きあり)
E2. ごみの日来るまで
| paradise | 本日のLIVE V | comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |
クリフサイド。ホント歴史の重みが感じられる素敵な場所だった。
吾妻さんがやってくれなかったら多分入る機会はなかっただろうし、感謝だね。
しかし彼らの演奏と吾妻さんの歌とMCは何度聴いてもおもしろい。
前日、青山に行かれかった悔しさをアンコールのあの曲で晴らしてくれて、溜飲を下げました(笑)
| garson | 2015/11/03 5:25 PM |

クリフサイドとバッパーズ。これほど似合う組み合わせはないと思うね。そして、随所で吾妻さんのカリプソニアンとしての面目躍如も。記憶に残るライヴになるね。
| P&L | 2015/11/03 10:04 PM |










http://paradise.jugem.cc/trackback/1302


     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

このページの先頭へ