Paradise and Lunch

(What's So Funny 'Bout) Peace,Love and Understanding
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
Ron Sexsmith @ Billboard Live Tokyo


ロン・セクスミスの久し振りの来日公演に行ってきた。今回はビルボードの東京と大阪で各1回公演と控えめな回数だったこともあり、会場はほぼ満員の入りになっていた。オープニングはロンが一人で登場。胸にカナダのメープルの葉が描かれたジャケットを着ているのが可愛らしい。「Heavenly」をギターで弾き語り、期待通りのロン印の美メロに胸が熱くなる。

盟友ドン・カーをはじめとするバック・バンドは安定した演奏で彼をサポートし、新旧のアルバムから満遍なくセレクトされた珠玉のメロディを奏でていく。「Strawberry Blonde」や「Gold In Them Hills」、勿論出世作「Secret Heart」等を聴きながら、何でこんなにナイーヴなメロディが書けるんだろうと感嘆するばかり。中盤のピアノ・ソロ「Right About Now」では緊張すると言って笑いを誘うなど素朴な人柄も好感が持てた。

1時間半という決められた時間で20曲をテンポ良く楽しませてくれたロンはアンコールとしてキャット・スティーヴンスの「Peace Train」をカヴァーした。平和を願う楽曲であることは勿論だが、ムスリムに改宗したユスフ・イスラムを採り上げたことは、前日にパリで起きた連続テロ事件に対する彼からの強いメッセージだったのだろう。

(1st Show Set List)

01. Heavenly
02. Sun's Comin Out
03. All In Good Time
04. Getaway Car
05. There's a Rhythm
06. Strawberry Blonde
07. Saint Bernard
08. Nowhere To Go
09. Before The Light Is Gone
10. Gold In Them Hills
11. Sneak Out The Back Door
12. Everytime I Follow
13. Right About Now
14. Believe It When I See It
15. Lucky Penny
16. Nothing Feels The Same Anymore
17. Get In Line
18. Whatever It Takes
19. Sure As The Sky
20. Secret Heart

E1. Peace Train (*Cat Stevens Cover)

・Ron Sexsmith (Vocals,Guitar)
・David Matheson (Piano, Keyboards)
・Kevin Lacroix (Guitar)
・Jason Mercer (Bass)
・Don Kerr (Drums)

| paradise | 本日のLIVE V | comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |
僕としては、今回彼のライヴを落ち着いた雰囲気の中でじっくり聴けて良かったな。
事前の予習では、今までちゃんと聴いているようで、実は聞き流していた曲もあったことに気付いて、あらためて良さを発見したりしてね。
派手さはないけど、今の時代貴重なメロディーメイカーだよね。
満足しました。
| garson | 2015/11/18 9:08 PM |

ボクも事前に欧州ツアーのセット・リストを参考にしてプレイ・リストを作って予習して臨みました。本当はリリックもしっかりと把握しておきたかったんだけどね。まあ、彼の場合はとにかくメロディ。あのロン印の美メロを生で聴けたんだから満足です。
| pal | 2015/11/18 10:25 PM |










http://paradise.jugem.cc/trackback/1306


    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

このページの先頭へ