Paradise and Lunch

(What's So Funny 'Bout) Peace,Love and Understanding
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
木下弦二 @ 吉祥寺 Star Pine's Cafe


木下弦二の1st ソロ・アルバム「natural fool」の発売記念ライヴを吉祥寺 スター・パインズ・カフェで聴いた。彼はこれまでもソロとしてギターを一本携えて小さなお店で弾き語りライヴを行なったり、自主制作盤の弾き語り音源「SONGBOOK」も発表しているが、今回は豪華ゲストを迎えての本格的ソロ・デビューのライヴである。会場は日頃お見かけするホンク・ヘッヅは勿論のこと、たくさんの木下弦二ファンで満員の入りとなった。



前半はスポット・ライトひとつに照らされて「ハイウェイソング」や「おバカさん」がソロで歌われた。ホンクのライヴでは、もう何十回も聴いてきたお馴染みの歌たちがネイキッド仕様で改めて楽曲の良さが浮き上がってくる。いつもはゴスペル・ライクなコーラスが圧巻の労働歌のような「夜明け前」はギター・カッティングが力強く響き、まさに木下自身が言うように"歩くテンポ"がそのまま再現されているようで、歌の後半部で客席から自然発生的に起きた手拍子が印象的だった。



河野沙羅は「夏みかん」でフラット・マンドリンとコーラス、小滝みつるは「生きものにつて」「昼休み」で抑制の効いたキーボードの音色で曲に彩りを加えてくれたが、やはり白眉は詩人谷川俊太郎との共演だろう。彼はホンクの新作Tシャツを着て登場し、ホンクの演奏をバックに自作詩「おやすみ神たち」を朗読した。この顔触れが実現したこと自体ミラクルだが、朗読に続いて両氏ともお互いに同じ世界観を感じたと言う「みもふたもない」の演奏に繋がる瞬間は感動的だった。



本編ラストの「またあおう」は丁度一年程前に"連詩の会"で作詞された習作の段階で聴かせてもらったことがあったが、今回完成形として披露された。タイトル通り、いかにも木下らしい「はじまりのうた」にも似た作品で、コーラス部分でポジティヴな気持ちにさせられる。今回の新作「natural fool」にも収録されたが、ホンクのライヴでも是非聴いてみたい。

ゲストやバンド・メムバーを迎えたステージはいつもの弦二君と変わりはなかったが、それでもやはりソロ作品を発表したことで、何となく普段よりも大きく見えたのは気のせいだろうか。この日、会場に招かれたご両親もさぞかし喜んでおられたことだろう。改めて木下弦二という稀代のアーティストに触れたライヴだった。

01. ここに幸あり
02. ハイウェイソング
03. おバカさん
04. 冬眠
05. 遅刻します
06. Hard Times Come Again No More
07. 夜明け前
08. 夏みかん

09. 生きものについて
10. 昼休み
11. 夜道
12. 星影のワルツ
13. さよならにありがとう
14. ブラック里帰り
15. お手紙
16. おやすみ神たち (*) >
17. みもふたもない
18. またあおう

E1. Message In A Bottle
E2. おいのりのうた

(*) 朗読 谷川俊太郎 with 東京ローカル・ホンク

・木下弦二
・小滝みつる
・河野沙羅
・田中邦雄
・新井健太
・井上文貴

特別ゲスト
・谷川俊太郎



「natural fool / 木下弦二」
既にホンクのライヴでは最近の定番となっている「夜明け前」や「みもふたもない」をはじめ「さよならにありがとう」や「遅刻します」などが音盤となったのは嬉しい。ホンク名義作品の再演も含めて、とても素敵なアルバムに仕上がっている。明日から暫くへヴィ・ローテーションとなりそうだ。






| paradise | 本日のLIVE V | comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |
このライヴの翌日からすっかり忙しくなってしまい、こんな時期のコメントになってしまいました。

弦二くんのこのところのソングライティングの冴えというか充実振りと、小さい店でのライヴの積み重ねが、そのまま出た感じのとても良いライヴだったね。

そして谷川さんの朗読に続く「みもふたもない」のアクースティックなホンクの歌と演奏が聴けたのは、大げさかもしれないけど、まさに”一生モノ”じゃないかな。

ソロアルバム、ヘビロテToo
| garson | 2015/12/14 11:45 PM |

彼の歌に惹かれてずっと聴いてきたものとして今回のソロ・アルバムの発表、そして、そのレコ発ライヴに参加できたことがホントに嬉しい。
音楽が本当に好きな人たちに、このアルバムが届いて欲しいなと思います。
| pal | 2015/12/16 10:46 PM |










http://paradise.jugem.cc/trackback/1309


    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

このページの先頭へ