Paradise and Lunch

(What's So Funny 'Bout) Peace,Love and Understanding
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
ソウル・フラワー・ユニオン @ 恵比寿 LIQUIDROOM


恒例の「年末ソウルフラワー祭 2015」に行ってきた。年末は今年鬼籍に入った多くの重鎮に思いを寄せる時期だが、この日のライヴは過日逝去した水木しげる先生に捧げる「ゲゲゲの鬼太郎」のSEで始まった。

今回のライヴはベスト選曲で臨むとの事前の触れ込み通り、いつも以上にニューエスト・モデルや初期ナムバーがセレクトされ、流石に30年に及ぶ活動の重みを感じる内容だった。しかも激動の2015年の動きに呼応した楽曲が多く、改めて彼らの立ち位置の確かさを感じた。

オープニングの「神頼みより安上がり」からいきなり最高潮に達し、ほぼメドレー状態で冒頭4曲を怒涛のように演奏する流れはとにかくパワー全開だ。中盤のアクースティック・コーナーでは「十字路の詩」「地下鉄道の少年」を披露後、「満月の夕」では珍しくアコギを使用していたのは聴きものだった。

今年鬼籍に入ったアラン・トゥーサンに捧げる奥野の軽快なセカンド・ライン・ピアノが弾む「名馬ワーラウェイ」、腰を直撃するレゲエ・リディム仕様の「戦火のかなた」、そして「極東戦線異状なし!?」に引き継がれる流れ。まさにミクスチャー・ロックの面目躍如たるステージングは痛快だ。ここ最近、再び行動を共にすることが多いうつみようこが参加することで、全体としてソウルフルなテイストが前面に出てくることも印象に残った。

曲間でさりげなく、"NO WAR!" "NO PLACE FOR RACISM !"と叫ぶ中川はやはり格好良い。

(Set List)

SE. ゲゲゲの鬼太郎
01. 神頼みより安上がり
02. こたつ内紛争
03. シンヤの祝福
04. うたは自由をめざす!
05. 風狂番外地
06. グラウンド・ゼロ
07. バイバイ龍宮 > 龍宮へようこそ
08. 月光ファンファーレ
09. 十字路の詩
10. 地下鉄道の少年
11. くんじゃんジントーヨー > 満月の夕
12. 海へゆく
13. ひぐらし
14. 名馬ワーラウェイ
15. 戦火のかなた
16. 極東戦線異状なし!?
17. もののけと遊ぶ庭 >
18. 報道機関がやさしく君を包む
19. ソウル・フラワー・クリーク
20. マウンテン・バイク・フロム・ヘブン
21. 海行かば、山行かば、踊るかばね

E1. 風の市
E2. 外交不能症
SE. カランコロンのうた

| paradise | 本日のLIVE V | comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |
"NO PLACE FOR RACISM !"言ってた、言ってた!ホントカッコよかった(笑)
今回、ソウルフラワーの面白さと同時に、うつみようこがますますパワーアップしてきていることを感じました。「ひぐらし」なんて聴くたびに良くなっている気がして。

あれっ?「お花見列車」やってなかったっけ?

| garson | 2015/12/17 12:59 AM |

やっぱり、うつみようこが一人だけだと、お囃子コーラスが少なめというかね。ちょっと黒っぽい感じになる。これだけ多様なレパートリーがあるのってやっぱり凄いバンドだと思うわ。「お花見列車」、演ったか。
| pal | 2015/12/19 9:39 PM |










http://paradise.jugem.cc/trackback/1311


   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

このページの先頭へ