Paradise and Lunch

(What's So Funny 'Bout) Peace,Love and Understanding
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
鈴木慶一45周年記念ライブ @ メルパルクホール


鈴木慶一の音楽家生活45周年の記念ライヴに行ってきた。45年間、常に時代の息吹をいち早く捉えてボクたちリスナーに届けてくれ、今何を聴くべきかという方向を示してくれた功績は大きい。今回のライヴはその膨大な音楽活動のエッセンスを現在から過去へと遡る粋な構成で魅せてくれた。

第一部は Controversial Spark 〜 マージナル・タウン・クライヤーズ 〜 The Beatniks とステージには入れ替わり立ち代り、メムバーは輻輳しながらも登場。その音楽の幅は広いが、どれも慶一ならではのアイディアに溢れたサウンドに改めて感心する。久し振りに聴く、ハイブリッドなビートニクスのサウンドに興奮。

(Controversial Spark)
01. in May
02. In June
03. Hello Mutants

(The Beatniks) 
01. No Way Out
02. Total Recall
03. ちょっとツラインダ



第二部は斎藤哲夫が登場して最初期のフォーキーな音を披露した後、ムーンラーダーズが登場した。「火の玉ボーイ」と「ヴィデオ・ボーイ」の間の僅かな期間で劇的な変化を遂げたライダーズが見事に再現された。

続いて、慶一の"良く帰ってきた!武川雅寛!"の掛け声で武川さんが登場。「スカーレットの誓い」の冒頭のトランペットの音色を聴いたとき、おそらく会場の殆どのファンは感涙でステージが良く見えなかったはずだ。大病からリハビリを経て再びステージに立てたご本人の心情を思うと今でも心が熱くなってくる。本当に良かった。

「くれない埠頭」ではパンタがヴォーカルを、「BEATITUDE」では幸宏がドラムスを担当するなど見せ場も多かった。慶一の代名詞とも言えるムーンラーダーズだが、彼の作品以外もセレクトされ、あえて5曲に絞ったところは慶一らしいスマートさだったと言える。

(斎藤哲夫)
01. されど私の人生

(ムーンライダーズ)
02. 火の玉ボーイ
03. ヴィデオ・ボーイ
04. スカーレットの誓い
05. くれない埠頭
06. BEATITUDE



ボクは現役時代のはちみつぱいのライヴは拝見したことはないが、かつて一度きりの再結成ライヴを、いまはなき汐留の旧操車場跡で観たことがある。今でもはちみつぱいを聴くと、都心にぽっかりと空いた空き地の夕暮れの景色が鮮明に蘇ってくる。

演奏は微妙なところで音が不安定になるところは残念だったが、それでもバンド全体が醸しだすサイケデリックな雰囲気は見事だった。やはり慶一にとって、はちみつぱい は特別な存在なのだろう。今回のセットの中では最も多い6曲が披露された。

(はちみつぱい)
07. こうもりが飛ぶ頃
08. センチメンタル通り
09. 月夜のドライヴ
10. 塀の上で
11. 煙草路地
12. 僕の倖せ

E1. Eight Melodies
E2. Scum Party (When This Grateful War is Ended)

アンコールの最後は慶一と武川さんの二人がステージ前で胡坐をかいて囁くように歌ってくれた。武川さんのハーモニカの音色と、この日初めて歌ったソロ・ヴォーカルが堪らなく素敵だった。

活動歴45年。今後はこれまでとは同じ量の活動はできないし、さらには肉体的にも多くの試練がある。そんなことを思うと、アンコール終演後に、慶一と武川さんがお互い立ち上がって握手をしたシーンが同志愛を見るようで感動的だった。

武川さん、ご快復本当に良かったです。
そして、今回も本当にありがとうございました。









| paradise | 本日のLIVE V | comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |
さすがK-1先生、見事な演出だね。
コントラから、ビートニクスに、パンタまでしっかりフォローして。そして、人生そのもののライダーズと原点のはちみつぱい。ホント選曲が泣かせるね。
僕も40年近く追ってきた者として、やはり行くべきだったと後悔(売り切れてましたな)

そうだ、50周年はさらに盛大にやってくれることを期待しましょう。

それにしても、武川さんの復帰。ほんと良かった。僕もとてもうれしいです。
無理はしてほしくないけど、今後もリハビリを兼ねてライヴがやれるのなら、是非かけつけたいと思います。
| garsonic | 2015/12/27 2:21 AM |

慶一ご本人曰く「人生長いようで短い」はまさにその通りだよね。
ボクらのような一介のリスナーとして、ほぼ同じ期間、音楽を聴き続けているものでも同じことを思うからね。今後はこれまでの半分しか時間がないんだからね。

それはさておき、ライヴは構成が良かったね。ほぼ均等に持分を分けたのは慶一民主主義なんだろうな。エントリで書き忘れたけれど、スカート、カメラ=万年筆の若手が頑張ってた。慶一の場合、世代とか関係ない凄さがあるね。
| pal | 2015/12/27 6:01 PM |










http://paradise.jugem.cc/trackback/1312


     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

このページの先頭へ