Paradise and Lunch

(What's So Funny 'Bout) Peace,Love and Understanding
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
吉田美奈子 with 森俊之 & 井上陽介 @ 鎌倉 歐林洞ギャラリー


今年で15年目となる歐林洞の吉田美奈子クリスマス・ライヴに行ってきた。彼女の曲は冬をテーマにしたものが多いのは周知だが、やはり、この日に聴く「CHRISTMAS TREE」と「もみの木」は特別なものがある。今回は幸運にも最前列という最高のポジションで聴くことができたので、まさにホーム・コンサートのような雰囲気を味わうことができた。何しろPAを通していない吉田の生ヴォーカルがPA音と同時に耳に入ってくるので、例年以上に生音を浴びるような感覚だった。ミュージシャンは、ここ最近 DUO として行動を共にしているピアノの森俊之にベースの井上陽介が加わったトリオ編成だ。

セット・リストは例年通り、『Extreme Beauty』から「精霊」や「星の海」など、この季節に聴きたかった曲はしっかりと押さえられていたが、意外にも『Twilight Zone』から2曲セレクトされていたのが聴きものだった。また、最近歌い続けているユーミンの「春よ、来い」は名カヴァーとして、しっかりと定着してきた感がある。震災以降、新たな意味を持つようになったそのリリックに心が揺さぶられた。

そして白眉は何と言っても最近歌い始めたという「終わりの季節」のカヴァーだろう。ピアノとベースをバックにしっとりとしたバラードに生まれ変わったこの名曲を作者は大層喜んでいたという。今後、「ガラスの林檎」同様、細野作品の名カヴァーとして歌い続けて欲しい。

歐林洞にお邪魔するのは毎年このライヴしかないが、アメニティの高い素敵なギャラリーで聴く素晴らしい音楽、途中休憩で味わう美味しいショート・ケーキとレッド・ワインが実に豊かな時間を過ごさせてくれる。終演後、連れ合いと友人とのささやかなクリスマス・ディナーも含めて、日常より少しだけ贅沢なこんな時間が嬉しい。PEACE and LOVE



(1st Set)
01. CHRISTMAS TREE
02. SHADOW WINTER
03. 30秒の奇跡
04. 精霊の降りる街
05. 愛があたためる
06. 雲の魚
07. 千年紀の朝
08. さよなら
09. 春よ、来い

(2nd Set)
01. A House Of Gold *
02. Tell Me Your Story **
03. UPTOWN
04. 終わりの季節
05. FOOTSTEPS
06. FORGIVING
07. 幸福の境界線
08. THE LIFE
09. 星の海

E1. ガラスの林檎
E2. もみの木

* 森俊之 (Kenny Rankin)
** 森俊之 & 井上陽介 (C.C.King)

| paradise | 本日のLIVE V | comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |
毎年エントリーを読んでるせいか、そんな気がしなかったんだけど、僕は、ここんちで聴く12月の吉田美奈子は、娘といった最初の二回以来行ってないんだな。このところ、平日が多いしね。
なんだかもったいないことをしているような気分になってきたなあ。

考えてみれば、ユーミンやヤマタツのようなポジションにいる人達には、まずできない、ある意味本当に贅沢なライヴだよね。

「終わりの季節」是非聴いてみたいね。
| gars on | 2015/12/27 11:06 PM |

クリスマスという特別な日に地元の小さなギャラリで観れるんだから確かに贅沢だわ。開演時間が早いから少なくとも半日休暇を取らないといけないから若干ハードルはあるんだけどね。

「終わりの季節」は森さんとのデュエットで始めたらしいから、来年のサムズで聴けるんじゃないかな。これは聴きものです。
| PEACE | 2015/12/30 11:01 PM |










http://paradise.jugem.cc/trackback/1313


   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

このページの先頭へ