Paradise and Lunch

(What's So Funny 'Bout) Peace,Love and Understanding
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
Hymns of the 49th Parallel/k.d.lang
品質保証のノンサッチからリリースされたk.d.ラングの新作(2004年)だ。
あの名盤「High Winds White Sky/Bruce Cockburn」を連想させる美しい雪景色の鮭がいい。しかもセレクトされた曲がニール・ヤング、ジョニ・ミッチェル、レナード・コーエン、ブルース・コバーン(High Winds・・・から選曲されている!)、ロン・セクスミスといった新旧のカナディアン・アーティスト達の作品のカヴァー。実は今回初めて彼女を聴くのだが、少し擦れ気味のヴォーカルが魅力的で大人の味わい。ピアノ、ギター、ベースのみの極めてシンプルな演奏が彼女の存在感を一層浮きだたせている。これからの季節にゆっくりと聴きたい美しいアルバムだ。
Thanx NoriP!

| paradise | 本日のHEADPHONE | comments(1) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |
困ったな。その選曲、本当に聴きたくなるよ。C.Wilson並にくすぐられるね。
| garson | 2004/10/24 10:33 PM |










http://paradise.jugem.cc/trackback/257


     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

このページの先頭へ