Paradise and Lunch

(What's So Funny 'Bout) Peace,Love and Understanding
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
Let It Bleed/The Rolling Stones
先日、本盤と「乞食の晩餐」の2枚(アブコ・ハイブリッド・シリーズ)がレコファン中古コーナーに並んでいた。

本アルバムだが実は3枚持っている。最初に手に入れたのは友人Cから1000円で譲ってもらった日本初回盤。見開き鮭の中に折りたたまれたメンバー5人の写真はロックに目覚めたばかりの中学生にはカッコ良くて刺激的だったね。そして、 "This Record Should Be Played Loud"の表示がロックっぽくて、ボロ・ステレオの音量を上げて聴いたものだ。盤の状態は決して良くなくスクラッチ・ノイズだらけだったが、まだ所有枚数が少ない頃で良く針を落とした。

その後、デッカ盤が1500円の廉価シリーズで同じくキングから再発されて、浪人時代に昼飯代を削ってデッカ・コンプリートした時に買い直したのが2回目だ。鮭は見開きではなくなったが新品盤なのでノイズなしのサウンドを初めて聴いた。今考えると当時でも遡り期間は10年にも満たなかったんだよね、このあたりの盤でも。やはり、あの時コンプリートしておいて良かったと思う。

そして今回、前々から狙っていたアブコ・シリーズが適価で回遊していたので3回目の捕獲となったわけ。SACDとのハイブリッド仕様というだけで音がイイような気がするが、実際かなり音質は向上している。このあたりはForty Licksでも実証済だ。それにしても、このアルバムは何回聴いたことだろう。今でも「ギミー・シェルター」のイントロや中間部のギターにはゾクっとくるものがあるね。捨て曲がひとつもないのもスゴイ。

本盤と「乞食の晩餐」。そして自社作品「ねばっこい指」「ならずもの」の2枚。丁度1970年を挟んだ4枚(ロバライヴを入れたら5枚か)の頃がやっぱり一番イイな。ストーンズが最もストーンズらしいというか、アーティストとして最も脂がのっていた時期というかね。借り物だったダウン・トゥ・アースな感覚もいつしか血となり肉となり・・・。このあたりは、いつ聴いても古臭く感じないね。

ところで「本へ」も今回で100回目になりました。前のところも含めたら、その倍くらいになるのかな。まあ良く続いたもんです。へっぽこレビューにお付き合い頂きありがとうございます。次回からは「本ヘ供廚箸靴徳衒僂錣蕕砂颪連ねて行こうと思いますので、ひとつ良しなに。

| paradise | 本日のHEADPHONE | comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |
祝!本へ100回(200回か)これからも楽しみにしています。と同時に参考にしていきますので是非がんばってください。今日タンもなんとか続きます。
| garson | 2004/11/17 12:48 AM |

100回終了ですか?素晴らしい!遅ればせながら、おめでとうございます。僕が好きなものもかなり取り上げられていますね。これからも楽しみにしています。
| k-hiko | 2004/11/22 8:05 PM |










http://paradise.jugem.cc/trackback/282


 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

このページの先頭へ