Paradise and Lunch

(What's So Funny 'Bout) Peace,Love and Understanding
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
Solo Acoustic, Vol. 1/Jackson Browne
昨年日本でも行われたソロ・コンサートのライヴ盤。曲間の彼のMCが比較的長めに収録されているのだが、彼ってこんなに冗舌だっけ?と言うくらい観客に語りかけ、冗談で笑わせている。日本でのコンサートには何度も通っているが、こんなに語る彼を聴くのは初めてでちょっと意外な感じ、というか少し複雑な感情が沸いてしまった。もしかしたら、ボクらは本当の彼の姿を知らなかったんじゃないかとフト思ったりもする。でも彼はこんな コメント も寄せているくらいだから誠実である事は承知しているのだが、やはり言葉の壁は低くはないのである。

まあそうは言っても、アクースティック楽器ひとつで歌われる今回の楽曲、特に長い間愛聴してきた、歌詞も諳んじているような曲はやはり心に染み入る。例えば「For A Dancer」や「For Everyman」は今までにも一体何度聴いてきたことだろう。その度に新鮮な感動があるのだ。

さて、本盤は彼の自主レーベルからのリリースとなっているが、成る程確かにメジャーから出すには地味なアルバムなのかもしれない。差し詰め、デヴィッド・リンドレイのブート・シリーズのような位置づけか。デジパックで綺麗な鮭が嬉しいが、レコーディング・データが記載されていないのは、この手の作品では片手落ちな気がする。いずれにしても、Vol.2のリリースが待ち遠しくなってきた。


| paradise | 本日のHEADPHONE II | comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |
昨年のジャクソン・ブラウンのライブ、本当に良かったですよね。せっかくだから、このアルバムはMUST BUYと思っています。今年は、個人的にあまりライブに行けていませんが、あと3ヶ月は控えなければ、、、と自粛ムードです。大切なものをお借りしていて申し訳ありません。ただ、やはりひとさまにお聞かせでいるほどに短期間で、、、だなんて大甘でしたよ。やはり。ギター様をなめてはいけません。落ち着いたら、お宅拝見!と共にお返しにあがります。その前に、何かお手伝いする事があったらいつでも御呼び下さいませませ。
| ☆y | 2005/11/11 11:49 PM |

お貸ししようと思っていたアコギは弦を張り替えている最中に糸巻きが壊れてしまって・・・。お貸ししたヤツはチョッと弾きにくいんだよね、ネックが。デザインは無茶苦茶渋いんだけど。
猛暑の頃から続いてる家のリフォームもいよいよクロージングが近くなってきました。まあ狭いんだけど、少しずつ居心地良くしていこうかなと。是非お出でくださいね。
ということで、本作是非お買い求め下さい。「Runninng On Empty」のリマスター盤も近日中にリリースされますよ。
| PaL | 2005/11/12 11:00 PM |










http://paradise.jugem.cc/trackback/446


   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>

このページの先頭へ