Paradise and Lunch

(What's So Funny 'Bout) Peace,Love and Understanding
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
Kicking Television / Wilco
今やオルタナ・カントリーという枕詞は馴染まないほど進化し孤高の地位を占めるウィルコだが、彼らの地元シカゴでのライヴを収録した2枚組CDがリリースされた。ジャケットの写真はライヴの瞬間を切り取ったようなショットで雰囲気が良く出ている。ステージ上には大量のギターが並び、イクイップメントを操作するジェフ・トゥイーディが格好良い。
各アルバムから満遍なくセレクトされたセットは、楽曲の美しさとその狭間で時々荒れ狂うような轟音とが絶妙にバランスを取っている。このあたりの感情の発露のような瞬間はライヴだとより刺激的だ。中でも「Via Chicago」のアレンジはスタジオ盤にはなかった手法で驚かされる。是非ともライヴを見てみたいバンドだ。

| paradise | 本日のHEADPHONE II | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |









http://paradise.jugem.cc/trackback/454


   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

このページの先頭へ