Paradise and Lunch

(What's So Funny 'Bout) Peace,Love and Understanding
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
Slack Key Party / 山内雄喜
いまどき、レゲエを「夏の音楽」としか捉えられないようでは笑われるが、同様にハワイアンを「夏の音楽」としか捉えられないのも全く無粋である。
本盤はタイトルもズバリ「スラック・キー・パーティ」だが、純粋なハワイ音楽ではなく、世界中の有名曲をわれらがマインスター、Yuki"alani"Yamauchi がスラック・キーで奏でた年中プレイ可能な素晴らしいアルバムである。中でもメドレーが秀逸で「セント・ルイス・ブルース〜フラ・ブルース」や「イエロー・バード〜国境の南」などの流れは和む。マーティン・デニーのスラック・キー・ヴァージョンも出色だ。
暖かい響きのこれらの楽曲は寒い冬の日に暖かい部屋で聴く方が寧ろ似合っているのではないかとさえ思う。
それにしても、どうしてスラック・キー・ギターはこうも気持ちが穏やかになるのだろう。争いとは無縁の音色である。

| paradise | 本日のHEADPHONE II | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |









http://paradise.jugem.cc/trackback/456


   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>

このページの先頭へ