Paradise and Lunch

(What's So Funny 'Bout) Peace,Love and Understanding
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
ROVO presents MDT FESTIVAL 2007 @ 日比谷野外音楽堂
5月恒例の日比谷野音のMDTフェスティヴァル。今年はゴールデン・ウィークの真っ只中に開催された。気持ちの良い好天に恵まれ、新緑萌える都会のオアシスで人力トランスを満喫した。昨年よりもバンド数が絞られ、人気バンドに集中してブッキングされたからなのか、前売りは売り切れでこのパーティの人気の高さが窺われた。

  • FLYING RHYTHMS
    昨年の「Mt. Fuji Calling in 山中湖」二日目の荒天の中、初めて観た時は正直印象が良くなかったが今回は見違えるようなパフォーマンス。やはり野外の場合、コンディションに左右されるのは致し方ないところか。ダブ効果も奏功。

  • SPECIAL OTHERS
    こちらも昨年山中湖で行われた「True People's CELEBRATION 」で体験しているが、卓越したジャム感溢れる演奏も然ることながら、キャッチーなメロディを持つサウンドは秀逸。相変わらずの丁寧なマナーは好感。



  • ROVO
    これから起こるであろう壮絶なライヴを期待するからなのだろうか、やはりROVOは登場した時のオーラが違う。
    ROVOは数回観ているが、勝井のヴァイオリンが曲の抑揚を含め、全体を引っ張っていく印象があったのだが、今日のギグでは山本のギターに鬼気迫るものがあった。序盤のサイケデリック寄りのインプロでもほぼソロは山本だったし、結果的にかなりロック寄りなサウンドだった気がする。中盤以降は、勝井のヴァイオリンの比重が大きくなり、いつものROVOサウンドに。しかし重量級のベースや連打するダブル・ドラムスのグルーヴ感はさらに増し、ファンクネスも加味したROVOは更に進化を続けている印象を受けた。




照明デザインもいつもながらの素晴らしさ。野音の場合、ステージ全体がキャンヴァスのようになるので照明が良く映える。
そして一気にステージは佳境に突入し宇宙へと誘う。サイコーの瞬間だ。


| paradise | 本日のLIVE | comments(2) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |
昨日は、ハードリカーのご提供ありがとうございました。
ホントにサイコーのパフォーマンスでしたね。
おかげで?風邪もほぼ癒え、マジに明日から”ガンバロー”っていう生きる勇気が湧いてきたもんね、わたしゃ(笑)
次は”この広い野原いっぱい”に響くROVOを待ちましょう。
| garson | 2007/05/06 10:50 PM |

ハハハ、それは良かった。
帰りのラーメンの濃厚スープが効いたか?(笑)
まあ、いずれにしても彼らのあのパフォーマンスを観ればパワーを貰えるわな。
| PAL | 2007/05/06 11:59 PM |










http://paradise.jugem.cc/trackback/615
ROVO Presents MDT FESTIVAL 2007 @ 日比谷野外音楽堂
   GWの5月5日日比谷野音にROVOを聴きに行った。数日前から風邪をひいてしまい、友人に譲ることも考えたが、なんとか無事参加。僕は、野音でのROVO・MDTは昨年に続いて2回目であるが、今年は晴天にも恵まれたこと、そして何よりメインのROVOを
| From The Saturn Hotel | 2007/05/06 10:40 PM |


    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

このページの先頭へ