Paradise and Lunch

(What's So Funny 'Bout) Peace,Love and Understanding
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
凸凹(deko-boko) / シカラムータ
先日、音盤組合のソウル・フラワー棚で発見した大熊ワタル率いるシカラムータのセカンド・アルバムだ。以前、某店で発見した彼らのファースト・アルバム(印象的な「郵便ポスト・ジャケ」の名盤)を不覚にも放流するという失態を演じた事があり、今回は速攻捕獲と相成った。彼のクラリネットを初めて聴いたのは故篠田昌已率いるコンポステラが初めてだったと思うが、チンドン仕込みのクラリネットは哀愁を内包しつつもお祭り感覚があり、何とも言えない響きを持つ。本盤ではオリジナル曲に混じってトルコ俗謡、クレズマー、アルバート・アイラーのカヴァーなどが収録されているが、決して小難しい訳ではない。勿論、クセがないわけではないので、イージーなリスニングには適さないが、独特の響きに身を委ねれば自ずと心は開放されていく。彼らのギグのヒストリーを紐解くと、ジャズに囚われない自由な活動が記録されている。そのあたりも楽曲自体に表出されているのだろう。裏ジャケの逆立ちした国会議事堂も意味深だ。

| paradise | 本日のHEADPHONE III | comments(3) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |
故篠田昌已率いるコンポステラ、大熊ワタル率いるシカラムータは持っていないのだ。
チンドン仕込みのクラリネットは哀愁を内包しつつもお祭り感覚
トルコ俗謡、クレズマー、アルバート・アイラーのカヴァー
やっぱり結構面白そうだね。LIVEで聴きたい
| garson | 2007/07/14 4:14 PM |

コンポステラは2枚持ってるよ。1990年の作品だね。久し振りに聴きたくなった。今度お貸ししましょう。
そう言えば、その昔、横浜ウォーマッドで客席を練り歩いていなかったっけ?
| PAL | 2007/07/16 12:21 AM |

ちょっと覚えてないなあ。今度貸してください。
| garson | 2007/07/16 11:45 PM |










http://paradise.jugem.cc/trackback/631


   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>

このページの先頭へ