Paradise and Lunch

(What's So Funny 'Bout) Peace,Love and Understanding
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
Solo Acoustic Vol.2 / Jackson Browne
待望の「Solo Acoustic Live」シリーズの第2弾だ。2005年にリリースされた 「Vol.1」 は比較的オールド・ファンにもアピールするような選曲だったが、本盤は“Something Fine”と“Redneck Friend”以外は最新作「The Naked Ride Home」(といっても2002年の作品だが)を中心に最近の作品群が多くセレクトされている。これらの曲は、正直初期の楽曲ほど深く聴き込んではいないが、ギター1本、もしくはピアノのみで歌われると、やはりどの曲も実に深みがあるジャクスン節で惹き込まれてしまう。高音部で少し掠れるような独特のヴォーカルも相変わらず滋味深い。ジャケットに写る顔のしわもすっかり深くなり聖人のような顔つきになってきたし、ワインディング・ロードでギターを抱える右手がまるで労農夫のようだ。(なぜか袖口のボタンが1つ取れたままになっているのが気になります。)
2004年のオーチャード・ホールでのソロ・ライヴの素晴らしさは今でも記憶に新しいが、現在も本国でツアーを続行中だし、本作リリースの一環で再び来日してくれることを望みたい。

| paradise | 本日のHEADPHONE IV | comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |
あのギターがずらっと並んだオーチャードでのLIVEは僕もなかなか感動したなあ。これ買いに走んなきゃ。って走れないんだな今は・・・
| garson | 2008/03/15 9:11 PM |

Vol.1と同様、こちらも曲間のMCが結構収録されていて、観客との微妙なやりとりに取り残されたりして不甲斐なさを感じる部分があります。日本盤はボーナス曲も入っていてMCの訳もあるらしいよ。
| PAL | 2008/03/16 6:44 PM |










http://paradise.jugem.cc/trackback/693


   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>

このページの先頭へ