Paradise and Lunch

(What's So Funny 'Bout) Peace,Love and Understanding
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
Live In London (The BBC Recordings 1972 - 1973) / Judee Sill
昨今の再評価によりオリジナル盤再発、発掘音源リリースと新たなファンを獲得した感のあるジュディ・シル。実を言うとボク自身も当時アサイラム盤を不覚にも聴き逃しており、幸いに今回の再評価で出会うことができたことは以前エントリーした通り。その後も、オリジナル盤を繰り返し聴いているのだが、彼女のピュアな歌声と類まれなメロディ・センスにすっかりと魅了されている。そんな彼女のまさに蔵出ライヴ音源が本盤だ。勿論BBCのアーカイヴなだけあり音質も問題なし。陽の目を見た全18曲の収録日は3回に渡るので重複曲も多いが、逆に2枚のオリジナル・アルバムから選りすぐった珠玉の選曲が嬉しい。あのアンディ・パートリッジが「今までに作られた最も美しい曲」と評した「The Kiss」が3ヴァージョン収められている。美しすぎるマスト盤。

| paradise | 本日のHEADPHONE IV | comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |
Judee Sillは、僕もつい最近の紙鮭シリーズで初めて本格的に聴いたアーティスト。
ニック・ドレイクとか、亡くなってから初めて聴くアーティストって不思議な感じがするけど。ピュアな歌声とよいメロディーは時空を越えるってか。
| garson | 2008/03/29 4:44 PM |

聴き逃している膨大な数の歌たちと新しく生まれてくる膨大な数の歌たち。良い歌は永遠に聴き継がれていくと。彼女の再発は大袈裟に言えば文化的な意義があるね。
| PAL | 2008/04/06 10:31 PM |










http://paradise.jugem.cc/trackback/696


     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

このページの先頭へ