Paradise and Lunch

(What's So Funny 'Bout) Peace,Love and Understanding
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
ROVO presents MDT FESTIVAL 2008 @ 日比谷野外音楽堂
恒例になったゴールデン・ウィークの野外パーティ。今年の連休は天気がいまいちで、この日も雨がポツリポツリと降ったが幸い大雨には至らず、かえって暑すぎずに良かったかもしれない。かつてこのシーズンの野音はブルーズ・フェスの季節だったと思うが、ここ最近は本パーティが隆盛を誇っている。いずれにしても熱心な音楽ファンが詰めかけ、その年の野外ライヴの幕開けとしては申し分ないイヴェントだ。それでは簡単な備忘録を。

  • OKI DUB AINU BAND
    つい先日、サムズアップで初めて観て、その独自のサウンドに度肝を抜かれた彼らだが、野外でもなかなかイイ感じのダブを聴かせてくれた。先日はアイヌ衣装で登場していたが、今回はヴィジュアル的に特にアイヌを強調する部分は少なく、むしろ地味な印象。というよりも往年のロック・バンド風な出で立ちは少し意外でもあった。ところで、前回も気になったのだが、冒頭からスタンドアップを求めるOKIのMCスタイルに若干工夫の余地がある気が・・・。唯一無二のサウンドは自然と盛り上がるんだからね・・・。

  • toe
    初見のオーガニックなグルーヴが気持ち良いジャム系バンド。冒頭ギターの二人は座ってアコギを弾くが、迫力のある奏法に引き込まれる。中盤以降はエレキに持ち替えたが、緩いグルーヴと熱演スタイルのアンバランスが面白い。ドラムの位置をはじめ円陣のようなセッティング位置はSpecial Othersなど最近の傾向か。若くて勢いのあるなかなか気持ちの良いバンドだ。今後要チェック。

  • ROVO
    彼らのライヴは何回観たことだろう。その度毎に見事なアンサンブルに圧倒される。いつもながらのROVOサウンドでありながら飽くことのないライヴの素晴らしさ。今回は新作を数曲間に挟み高いテンションのパフォーマンスを見せ付けてくれた。配られたフライヤーを見てもメンバー各人の課外活動も盛んで充実している事がうかがえる。勝井自身も今までで最高の野音だと発言。終演後には山本が感極まって奇声を発していたところは意外だったが、それだけ充実した演奏だったのだろう。欲を言えば更なる音圧が欲しかったことと、ライティングに昨年くらいの圧倒的な光量が欲しかったことか。いや、昨年と同じだって?ボクらが慣れっこになってしまったのかな。いずれにしても新緑の候、最高のライヴを満喫して、帰路途中意気揚々焼き鳥屋に直行したのである。やはり新作ライヴにも駆けつけなくてはいけないな。




| paradise | 本日のLIVE | comments(1) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |
”冒頭からスタンドアップを求めるOKIのMCスタイル”への疑問、おいらも感じた。前が見えないから立ったけど、チャント風から重低音ダブに変わった瞬間に自然にスタンドアップしたくなるんだからねえ。

やはり新作ライヴ行きたいねえ。
| garson de ROVOMANIA | 2008/05/10 11:47 AM |










http://paradise.jugem.cc/trackback/704


  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

このページの先頭へ