Paradise and Lunch

(What's So Funny 'Bout) Peace,Love and Understanding
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
calm / nomak
先日、某店の新着中古箱で発見してきた盤だ。てっきり「Calm」の新作かと思って勇んで捕獲してきたが、よくよく見たら「nomak」というアーティストの「calm」という新作アルバム(2007年)。雰囲気の有るジャケなので見紛ったが、確かにレーベルが違う。アーティストに関しては全く不案内だったので、掴まされたかと、恐る恐るディスクをセットしてみた。ところが、コレが思いもよらぬ秀盤だったのだ。

早速ネットで調べてみると、nomakはジャパニーズ・ヒップホップにカテゴライズされている新進アーティスト。しかし、サウンド的には一般的なヒップホップというイメージよりは、オーガニックでエレクトロニカな感触がある。これならヒップホップ音痴のオヤジにも十分アピールするわけである。黒人のラップがフィーチャーされるトラックではヒップホップ感も表れるが、あくまでクールな感覚。ピアノの音色など感性豊かなサウンド・コラージュが実に美しい。肌触りが何となく、"坂本教授"を想起させると思ったら、例の「六ヶ所村プロジェクト」で大きな役割を果たしているではないか。「Rokkasho」は同サイトからDLして愛聴していたのである。失礼。

アルバムの要所要所で顔を覗かせる、たおやかな美メロは絶対にクセになる。
是非ともお試しあれ。最近のヘヴィ・ローテーション盤である。

| paradise | 本日のHEADPHONE IV | comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |
へえー そういうこともあるんだね。ジャパニーズ・ヒップホップにカテゴライズなんていうと、触手が伸びないけど。だいぶ雰囲気は違うみたいですね。
今度店でチェックしてみます。
| garson | 2008/06/08 1:38 PM |

色々な出会い方というものがあるということですわ。
まあジャケはどう見てもヒップホップじゃないけどね。
| pal | 2008/06/08 7:27 PM |










http://paradise.jugem.cc/trackback/706


   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>

このページの先頭へ