Paradise and Lunch

(What's So Funny 'Bout) Peace,Love and Understanding
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
東京に原発を! デモ


「東京に原発を!」は、広瀬隆の名著だが、実は多くの政治家、役人、東電幹部、御用学者らスカタン野郎が、「逆説」ではなく「正攻法」でとんでもないスカタン発言を繰り返している。今回のデモは敢えてこのスカタン発言を信じたふりをして、「原発賛成」をアピールする皮肉たっぷりの「反原発デモ」である。



このデモは在日イタリア人が企画したのだが、そのセンスが面白い。最初は「原発賛成!」とアピールするのは頭が混乱するかなと思ったのだが、意外にも「皮肉」と言うのは、「怒り」のシュプレヒコールよりもストレスが溜まらない。
「放射能は笑っている人に来ません!クヨクヨしている人に来るのです!」なんて馬鹿馬鹿しくて、ホント笑ってしまうのだ。



そして嬉しかったのが、銀座をパレードしている時に、これら皮肉たっぷりのアピールに笑みを浮かべてエールを送ってくれる買い物客が多かったことである。「日本は世界最高水準の原発を目指します!」誰もこんなノダ発言を信じてなんかいないのである。



終着地点はオヤジの聖地新橋SL広場。ここでたくさんの方のアピールがあったが、ケーサツが妨害しようとするものの、無視してスピーチを続けていたら次第にケーサツも諦めはじめた。まさか皮肉が通じなくて、本気で受け止めたわけじゃないだろうが、妨害している自分が情けなくなったのか?



奇しくも広場には東電のマンホールがあったので記念に一枚。



ところで、この日上関町長選があり、推進派が圧勝した。一部では「反原発運動に打撃を与えた」なんて的外れの記事を配信しているマスコミもあるようだが、東京(中日)新聞の社説「上関町長選 原発マネーと別れよう」は一読に値する。今、最もマトモな感覚を持っている大手マスコミは東京(中日)新聞だけだ。
| paradise | Demonstration | comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |
こんな企画のデモがあったんだ!面白いねえ。世間は脱原発派と未だ推進派に二分されているのではなく、悩んだり迷っている人も多いと思うので、こういう変化球は脱原発の支持を集めるには大切かもしれない。

ホントだ。東京新聞の記事。町長選の結果を受け止めつつ、冷静な判断をし、目指すべき方向性が明確だ。
| garson | 2011/09/28 4:19 PM |

ね、このデモ、痛快なセンスでしょ!
でもね、ホントに、こんなとんでもない発言を平気でするお歴々がいるわけですよ。 『放射能の影響はニコニコ笑っている人には来ません、クヨクヨしている人に来ます。』BY ご存知、山下俊一センセー(福島県立医科大学副学長、福島県放射線健康リスク管理アドバイザー)
もうこうなると根拠ゼロで狂っていると言うしかないし、犯罪的だね。
| PAL | 2011/09/28 10:01 PM |










http://paradise.jugem.cc/trackback/935


   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

このページの先頭へ